アジアンビートカンケリキッズ

アジアの子供はほとんど裸足だ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

八兵衛とクロマティ

野宮さんの声が微妙に自分のイメージとズレて、こんなの野宮さんじゃなーいとか思うあたり、私が扱いやすいタイプのオタクである証拠。

お祭が楽しくなくなったのは、ふと機械的なラインを描く灰色の道を歩いていることを意識させられてしまったり、ふたりで手を繋いで昔を懐かしむことが悲しくなってしまったから。そういうことを忘れるくらいにドンチャン騒ぎをするときは雰囲気に流されてる気がするし。でも何食べようかなーってわくわくして悩むことは今も変わらない。らくがきせんべいが大好きなのも変わらない。あと100円のゲソを食べるのも。あとつゆだくのかき氷で頭キーンってなるのも。

逢いたいと想う気持ちが人を夢に出させるというのは、そうだったらいいのになという希望であり慰めであって、だからといってそうじゃないからファンタを飲んで済ませられる気持ちでもない。夢を見た本人には。夢のストーリーは本人の経験が底にあるもので、逢いたいと想っているのは自分かも知れず、それが無意識に夢へと投影してると考えるのが普通なんだけども、夢を見る人は相手の想いが届いたのだと夢を見ることで、夢から抜け出したこの世界でも夢を見続けることができるのだと信じたがってる。

自分の腕でしっかりと掴んでおくことのできないものを、壊さないようにと優しく包み込むばかりで、ふと心がよそを向いたときにゆるんだ腕から落ちたそれが壊れてしまう怖ろしさを知らないわけではない。持たざる自分がそれを手にしていることを意識して、それは自惚れでも支配欲でも代わりでもなく、ただ見守りたいだけなんだと言い訳にも似た誤魔化しをする。いつか自分の腕を振りほどいて行くことを望みつつ、どこかでそれを否定する。もしかしたらを閉じ込める。

スポンサーサイト
  1. 2005/07/22(金) 02:00:04|
  2. anime
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。