アジアンビートカンケリキッズ

アジアの子供はほとんど裸足だ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1220

[tv] 漫才一番

本当なら今ごろ、テンプレいぢりを「ええのんか?ここがええのんか?」とやってるはずなんだけども、寒いからM-1グランプリ2005のことを考える。

やっぱり来たよ「笑い飯」。漫才のスタイルもツボにハマれば強力なんで、まだ優勝に近いところにはいると思う。もういっそのことラサール石井の忠告をムシして、またまたネタを2つやるのも手かも。1つ目のネタの反応を見て、2つ目のネタを変えるとかできるし。2つをムリに繋げようとしなくて済むよ。

去年の南キャンは初の女性出場ということで注目を浴びたけど、何と今度は2人とも女だよ「アジアン」。男には不可能なネタができるのも強みだけども、それを差し引いても面白味のある漫才をする。ボケの馬場嬢はたまに1人でネタをやっているように見えるくらい細かい芸を見せる。それに対して律儀にツッコむ隅田女史も健気だね。このブログはアジアンを応援しています。

新しいネタのパターンが楽しみな「南海キャンディーズ」。今年はリラックスしようねしずちゃん。あと小池栄子に絡むのはよそうね。あくまで漫才をしようね。そして山ちゃんのツッコミも冴え渡ることを祈る。M-1GP最優秀ツッコミ賞はもちろんあなた。

ボケとツッコミ逆ちゃうん?「チュートリアル」。漫才にはイケメンツッコミとブサイクボケというコンビが多い気がするけども彼らは逆。怖いほどイケメン(というか強面)な徳井がエロトークを切り出し、それにテカり返す福田。ツッコむかテカるかどっちかにせぇや。

ヘイヘイオーライ「ブラックマヨネーズ」。一応ネタ番組(OAバトル?)で観た記憶はあるんだけど、肝心のネタを憶えてないです。ほんとごめん。

あれ?まだ10年いってなかったの?「品川庄司」。今年がラストチャンスな品庄、ナレーションはやっぱり「ついに悲願の決勝進出」なのか。品川のM-1に対する意気込みはスゴイものがある上に、去年のアンタッチャブルなみにバラエティ慣れしてるのでハシャギっぷりは見物(もしかしたら番組の為に落ち着いて見せるかも知れない)。品川の新作の出来と、庄司のキレツッコミが出るのかが気になる。

王道を転がってきた「タイムマシーン3号」。未来から来た動けるデブ・関くんと、彼に翻弄される山本くんの織りなす珍騒動が目玉だよ。ネタ自体は王道系ながらも、関くんのギャグマシンガンによって色鮮やかに。冬だって半袖・短パンで突っ走るよ。

そしてそして・・・「麒麟」です。敗者復活でファイナルに進出した翌年には優勝、というジンクスを打ち立てるのか。意外と高音もいける重低音ボイスの川島さんと、年中真夏のマジメな田村さんは、解散を免れることができるのでしょうか。オーソドックスな漫才スタイルなので広い層にウケる。そしてストーリー仕立てのネタが多いことから、大きな山場を後半へ持っていく巧さがある。もし彼らが優勝しても出来レースとは言わないで。

そして敗者復活枠に入り込むのは果たして。有力なのは前回決勝進出者だろうけど、個人的には「キャン×キャン」「三拍子」「ザ・プラン9」「とろサーモン」「なすなかにし」辺りが来たら嬉しいなぁ。もちろん、他も名前の知れたコンビ・グループが多いので侮れない。

[note] つっこめ

漫才コンビではボケよりもツッコミが好きだ。とにかく笑わせることが仕事のボケに比べ、ツッコミは色々なバリエーションが取れる。ツッコミが巧いコンビのネタは2倍得した気分になるし、ヘタなら少し損した気分になる。そこで、お気に入りのツッコミの紹介と、コンビにおけるツッコミの力を分析だ。


柴田(アンタッチャブル)

「キレツッコミ」を主力に、「嘲笑」*1や「3段ツッコミ」*2を繰り出す。特に、3段ツッコミの最初の1段で嘲笑、2段目にキレる、3段目に上手いことを言うというパターンが強い。また、バラエティで得たリアクションという武器もある。以下は一例。

「アツはナツいねー!」
「ハッ それを言うなら夏は暑いだろ」
「え?でもサムはフユいでしょ!?」
(ボケに驚いて)「だから逆だよ! っていうかサムってどこぞの外人かよ!!」

山里(南海キャンディーズ)

言葉の選び方が巧みで、ボケのしずちゃんに負けないほどにキャラクターが濃い。そして全体的に劇団員の臭いがする。「嘆き・呆れ」*3や「装飾」*4の他、もはやツッコミなのかもわからないコメントで笑いを取る。例はツッコミ一覧で。

村田(とろサーモン)

ツッコまない。徹底的な「透かし(すかし)」*5でボケを殺しまくる。その透かしは超攻撃的布陣で、「徹底的に無視をする」「話を聞いても興味を示さない」「邪魔者として追い払う」「ついには死刑の宣告」などでボコボコにしていく。でも、たまにツッコんだときは普通にツッコんでる。

「今日ボク100万拾ったんですよ」
「(無視して話)」
「でもその100万じゃ50万の腕時計が買えなかったんです」
「(チラ見するが無視して話)」
「なんでだと思う?」
「知らん」
「・・・(ショックを受ける) ちょっと俺の話も聞いてぇやー」
「何ぃ?(キレ気味)」
「その100万は円じゃなくてウォ・・・」
「(最後まで聞かず)へぇー、すごいね。 そんでね・・・(話再開)」
「・・・(泣きそう) ちゃんとツッコんでくれや!!」
「どうやって?」
「例えば、あるやんか『そしてやねん』とか あ、違っ」
「何や『そしてやねん』て!(やっとツッコミ)」

ツッコミの力不足

面白いと言われている漫才コンビでも、ツッコミの力不足を感じることがある。今年の優勝候補「麒麟」の田村さんも抜群に巧いとは言い難い。「アジアン」「タイムマシーン3号」らニューカマーにも同じことが言える。「タイマシ」においては、ボケの関くんのキャラの強さによって、山本くんの存在感が薄くなるほど。対して「麒麟」の田村さん、「アジアン」の隅田さんは身体的特徴(顔)があるので、ボケにイジってもらうことができる。しかし山本くんはイジるほどの顔ではない。

では「品川庄司」の庄司の力は。今までの庄司は可もなく不可もなくというレベルだった。ボケに対するツッコミも人並みで、天然・筋肉などをネタに品川にイジられることもあった。さらには父の仕事(踏み台の足のキャップの箱のシールを貼るとかそんな)についてもネタにされた。それは品川がネタ作りをしていることにも原因はあったと思う。しかし、彼がバクハツしたときに新しい品庄が生まれた。

ある日、フジの登龍門にて「同じシチュエーションによるボケの連続にキレる」というパターンを見せた。そのときの庄司のキレっぷりは凄まじいモノがあり、全力で飛び跳ねて怒りを顕わにするその様はほとんどボケと言ってよかった。これはネタ(パターン)の一環としてのツッコミなので、どんなネタにも組み入れられるものではない。しかし、そのときの庄司は今まで見せた漫才の中で一番輝いていたように思う(彼が最も輝くときは筋肉を使うとき)。

ここまで言っておいて何だけども、ツッコミは言うまでもなくボケではないので、無理に笑いを取る必要はない。ボケに「なんでやねん」とツッコむだけで、それが漫才になるからだ。普通に「どうしてそうなるんだよ」という正論を言うことが笑いになるという不思議。自分が笑っているときには気付かないかも知れないが、観客は「ボケによる笑い(ボケによって起こる笑い)」の後に「ツッコミによる笑い」も起こしている。むしろ「ツッコミによる笑い」の方が大きいことさえある。それはまるで、ツッコミによって「これはボケですよ。笑ってください」と信号を送られ、観客の笑いのスイッチが入るかのように。

つまり漫才では「ボケとツッコミ」が笑いの完成形であって、ツッコミの力が他のコンビよりも劣って見えるからといって、それがコンビの力不足になるとは言えない。生(活)かすも殺すも○○次第とは言うが、ボケにとってのそれがツッコミで(その逆も然り)、漫才にとっては「ボケとツッコミ」がそれなのだ。逆に言えば、漫才が生きている・面白いということは、ボケとツッコミが生きているということだ。それは個々の能力にかかわらず、コンビの面白さとして評価される。

(これらの話は私が観たことのあるネタへの評価、そして個人的な意見です。あと論文調でウザいなぁと自分でも思う)

*1:ボケに対してバカにしたように「ハッ」と鼻を鳴らす
*2:2段ボケに対するツッコミをした後に、もう1回別の言葉でツッコむ
*3:ボケに対して悲しみ・呆れを訴える。関係ないことを言って紛らわせようともする
*4:意味不明なボケに意味を持たせる。何かに例えることが多い
*5:ボケにツッコまずに、軽くかわしたり適当にあしらう

スポンサーサイト
  1. 2005/12/20(火) 02:40:29|
  2. tv
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。