アジアンビートカンケリキッズ

アジアの子供はほとんど裸足だ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

0201

あいきゃんらー

フジのアナに似た人がいる。

[tv] 戦国自衛隊

戦国自衛隊・関ヶ原の戦い

なんで小早川秀秋って武将がフューチャーされてるのかよくわからなかったんで「少年少女 日本の歴史」を読みました。秀秋は三成と家康のどちらに組するか決めかねていて、敵陣突入ギリギリまで機を窺っていたよう。結局秀秋は家康側につき、それをきっかけにして三成側の武将たちも次々と裏切り、三成は撤退を余儀なくされたとのこと。実は重要人物でした。

戦国時代にタイムスリップした自衛隊員も、秀秋のように三成・家康のどちらにつくか、もしくは戦わないかという選択を迫られてるわけですけども、目の前にある死を感じたことでみんな戦地へ向かいそうです。歴史では秀秋の行動で戦況が大きく動いたことになっているが、実は伊庭(反町隆史)たちの介入によってのことであった、的な流れになりそうな気がします。伊庭が誰と共に戦うかって言ったら秀秋だろうし。

で、もうひとりのキーマン・嶋村(渡部篤郎)ですけど、彼は三成に成り代わる気ですか。もしかして。自分の死は確実だから勝利をして死を待つのではなく、歴史的な合戦での死を選ぶとか。家康側について三成を討っても(実際は捕縛後に処刑)、歴史には「家康軍の勝利」として伝えられるのみで自分の名は残らない。それなら三成としての死を選んでやる、と。つーか顔でバレるわ。

他の戦国自衛隊を知らないんでどうなのかわからないんですけど、こういうのって歴史は変わらないが、表に出てこない立役者や犠牲者がいる、みたいなものにする気がする。だから嶋村には衝撃的なことをさせるけども、歴史の大筋は変えないようにするんじゃないかと。むしろ歴史を正しい方向に導くための行動をさせたり。

人が死んだり血が出たりというのを実写で観るのはあまり好きじゃないんだけど、こうやって考察・妄想できるドラマは好き。あとNHKとかフジとかに続いて飄々とした役をやってる藤原竜也を観るのも楽しかった。

スポンサーサイト
  1. 2006/02/01(水) 02:16:18|
  2. tv
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。